地図の見方

地図の基本操作

①登録情報

地図に登録されている民俗芸能を分類項目別に表示しています。「✓」を入れた項目のアイコンのみ、画面に表示されます。また、「+」で項目の展開、「-」で折りたたみができます。

②背景地図の表示

画面に表示される「基本地図」と、重ねて表示される「主題図」をクリックして選択できます。「主題図」を「✓」すると、「浸水域」や「被災後の航空写真」など、震災に関連する様々な地図情報を参照できます。
(震災前後の航空写真を比較するなど、「2画面表示」の方法について)

③地図表示の調整

地図の位置や縮尺を変更できます。(「△」で移動、「+」で拡大、「-」で縮小)

④検索・その他の情報

マップ情報(携帯電話用バーコード等)や地点間の距離、簡易検索など、様々な情報が表示できます。「キーワード絞り込み」では、地図上に表示されている範囲にあるアイコンに関するすべての文字情報がキーワードで検索できます。
(ex.「〇×の神楽」「△△町」「国指定」など)

⑤住所検索

住所を入力し「移動」をクリックすると地図の中心が移動します。

⑥印刷

A4サイズからA0サイズまでPDFで出力できます。

⑦一覧表の表示

地図上の情報を、分類項目ごとに一覧表の形で表示します(ダウンロード可能)。

※詳しい説明は下記マニュアルをご覧ください(項目をクリックするとPDFで開きます)

  1. 移動・拡大・縮小・簡易検索について
  2. 印刷について
  3. 一覧表示、属性検索について
  4. 一覧表のダウンロード
  5. 画面表示

凡例

① アイコンの色分けについて

アイコンは通常青色ですが、被災状況・復興状況等に関して、当サイトでまったく情報を把握できていないものは赤色のアイコンを用いています。

② 被災状況について

被災状況については明記していませんが、地図に「被災後の航空写真」や「浸水域」を重ねることで震災当時の状況を推測することが可能になります。  
※地図画面左側の「背景地図」の中から選択できます

③「所在地」について

民俗芸能が所在する地域の中心付近にピンを配しています。民俗芸能は一定範囲の広がりの中で営まれるため、ピンの地点は必ずしも正確ではありません。あくまでも目安としてご覧ください。

④「分類」について

当サイトでは東北沿岸部(三陸~浜通り)における民俗芸能の特色をふまえ、民俗芸能を神楽/シシ芸/田楽/踊り/祝福芸/音楽 に分類しています。詳しくは「被災地域の無形文化遺産」をご参照ください。
※万一、分類に誤りがあった場合にはご一報ください

⑤「復興状況」について

地図では、各文化財の復興状況の目安を下記のとおり示してあります。

継続中 被災していないか被害が軽微のため、震災前から継続的に活動中
再開 被災するも、すでに再開して活動中
縮小・内容変更
して活動中
被災後、活動再開するも、 規模や内容の大幅な縮小・変更を余儀なくされている
再開準備中 再開の意志があり、再開のための準備中
活動未定 再開の見通しが立っていない
情報なし 詳細情報が不明

※このうち、「情報なし」については赤色のアイコンで示してあります。

※情報の根拠となる出典等については「無形文化遺産マップについて」をお読みください。

⑥「指定情報」について

文化財指定を受けている場合、次のように記してあります。

  • 国指定1992→国指定重要無形民俗文化財/指定年
  • 国選択1992→国選択記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財
  • 県指定・市町村指定1992→県・市町村指定無形民俗文化財