菅窪鹿踊

この文化遺産の関係者の皆様へ

こちらの文化遺産に関わる情報発信をすることが可能です。
詳しくは下記までお問い合わせ下さい。

 

関連リンク集

検索結果 詳細

すげのくぼししおどり
菅窪鹿踊
印刷
所在地
岩手県田野畑村菅窪 [地図を開く]
概要
菅窪鹿踊(すげのくぼししおどり)は、本物の鹿に見立てた鹿頭をかぶり、野生の鹿の勇壮な動きを舞う芸能です。その昔、茨城県の霞ヶ浦に武甕槌ノ尊(たけぬかつちのみこと)が降り立たれたとき、先住民が野に火を放ち、尊を亡き者にしようとしたところ、突如、無数の鹿が現れて水に入っては体を濡らし、火中を駆けめぐり、それをくり返して火を消し止めたという。尊はこれにいたく感銘し、鹿踊を創始されたそうな…。菅窪流では鹿踊と剣舞がすばやく交互に入れ替わりながら舞うことに特徴があります。角に塗られた金箔が炎できらめきながら躍動する姿はダイナミックな感動を与えてくれます。(田野畑村ホームページ http://www.vill.tanohata.iwate.jp/04kanko/cat74/20090102-120000.html)
公開情報・その他
5月初旬 雷電神社春祭/8月14日 墓地民家の庭
保存団体
菅窪鹿踊保存会
指定情報
県指定1988年
被災・復興情報
担い手の家が被災。道具被害はなし。2011年8月には墓地で舞った。以後活動を継続中(2013年3月現在)
関連キーワード
菅窪鹿踊メディア情報